輪転印刷

インモールド転写フィルム

転写フィルムを進化、発展させたものがインモールド転写フィルムです。金型内に印刷したフィルムを送り、成形時、内在する熱、圧を利用して成形品を作るのと同時に転写する方法です。従来不可能とされた三次元曲面や穴あき成形品、緩やかな凹凸面への加飾が可能です。

特徴・性能

  1. 従来の転写方法では不可能とされた形状にも絵付けが可能です。
  2. ハードコートなどの機能性材料と組み合わせることで、商品の付加価値を高めます。
  3. 工程の簡略化によりコストダウンが図れます。
  4. 省エネ、省スペースが図れ、作業環境の改善につながります。
  5. 成形品に対する絵柄の位置精度に優れています。
  6. 多種素材に対して柔軟な対応が可能です。

インモールド転写フィルムの主な使用事例

  • 通信機器

    • 携帯電話
  • 自動車

    • カーナビパネル
    • インジケーター
  • 家電

    • 冷蔵庫
    • スイッチパネル
  • 日用品

    • アミューズメント機器部品

技術解説

フィルム送り・位置決め

箔送り装置からフィルムを金型内へ供給し、カメラやセンサーにて位置決めを行います。

フィルム固定・型締め

クランプと吸引でフィルムを固定し、型締めを行います。

射出成形(転写)

樹脂温度と射出圧力により、金型内で印刷層が成形品に転移します。

型開き・成形品取り出し

型開きと同時にPETフィルムが剥離し、完成品を自動または手動で取り出します。

防汚性ハードコート

ハードコートインモールドに、汚れを拭き取り易くする新たな機能を追加しました。

このテストでは効果をわかりやすくする為に油性ペンを用いていますが、この防汚技術により、付着した指紋などが簡単に拭き取ることができます 拭き取った後も防汚機能が劣化することはありません。

一般ハードコート

防汚性ハードコート

  • 油性マジックもはじきます
  • 簡単に拭き取れます

制作事例

印刷についてに戻る

CONTACT USお問い合わせ