輪転印刷

インサートフィルム

成形品の素材に適したフィルムに印刷し、そのフィルムを金型に貼り付け、成形と同時にフィルムごと絵付けする方法です。

インジェクション成形品の簡単な加飾方法として開発され、プラスチック用品の普及とともに、その特性を生かし、その用途が拡がってきました。

現在では、家電部品、自動車関連部品はもちろん、化粧品、薬品容器などのブロー成形にも対応が可能になりました。

特徴・性能

  1. 印刷フィルムを打ち抜き、成形機内で成形品(樹脂)と一体化します。
  2. インキ表面をフィルムがカバーするため、耐久性に優れ、衛生的です。
  3. 子供食器・業務用弁当箱に最適です。
  4. 従来設備を利用し、絵付けが可能です。

インサートフィルムの主な使用事例

  • 日用品

    • トレー
    • 洗面器
    • 業務用弁当箱
    • 裁縫箱
    • ベビー食器
  • 化粧品・薬品

    • 容器、ボトル、キャップ
  • グラビア10色輪転機
  • シルク多色輪転機

制作事例

印刷についてに戻る

CONTACT USお問い合わせ